腰痛対策 完全版

まずギックリ腰の場合、安静が第一です。
例えば発症から一週間家でゆっくりしていればほとんどが良くなります。
しかし忙しい日本人には無理な話です。

鑑別対策法

では対策法です,まず患部を伸ばして痛みますか?
痛みが強くなる場合(右腰痛で上体を左に倒した時右腰が痛く、右に上体を倒したら痛くない状態)筋肉の異常による腰痛です。この場合患部が伸びないようにテーピングをして軽く冷やします。
それ以外(関節系疾患)の場合は安静後、発症から一週間は常温、以降保温をする。電気治療なども有効です。

重症目安

上体が斜めに歪んでいる、腰をまっすぐ伸ばせない、くしゃみ、咳をすると電気が走るような痛みが出る、階段の上り、下りがつらい、下半身に痺れがある、これらは重症です。
自己判断せず専門家の治療を受けましょう。

危険

痛みがあるか確かめようと負荷の掛かる姿勢をしたり、腰の筋肉を伸ばしたりすると爆弾はどんどん大きくなります。痛覚を刺激しない生活を一時しておくこと。

慢性腰痛

最も多い疾患。基本は保温とストレッチ。
危ない時はコルセットと安静。
なぜ腰痛になるかと一言で言えばカラダの使い方が下手なのです。そしてケア不足。
最低限以下の事は注意してみてください。

起床

朝起きる時はいきなり飛び起きるのではなく、一度体を反転してから起き上がりましょう。

仕事

重いものを持つ時はコルセットをするか、重心を下げて持ちましょう。

腹筋運動

痛みのある時は腰痛を悪化させます。痛みのない時に行ないましょう。

姿勢

楽な姿勢が最も良い姿勢です。無理して良い姿勢をすると腰痛悪化。

来院目安

朝起きた時痛みがある場合、くしゃみ、咳をして痛みのある時は、治療が必要な時期だと思って来院して下さい。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Email this to someonePrint this page
大田区蒲田さとう整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-5711-2635

東京都大田区蒲田4-29-1 日新第3ビル4階
京浜東北線 蒲田駅東口・京急蒲田駅西口から、ともに徒歩5分

ページトップへ戻る